千葉県我孫子市の不動産情報/株式会社 共立

千葉県我孫子不動産・我孫子市不動産(天王台等)の不動産情報。常磐線、成田線沿線の賃貸物件や土地、建物、アパート仲介、駐車場のほか、相続相談、リフォーム、土地・建物管理、住まいに関する全般業務を行っております。「信用第一、親切、丁寧」がモットーです。


 

こだわりの専業農家

今回は、農業を専業とする我孫子市在住の増田忠夫さんをご紹介させて頂きます。

 

増田宅は代々農業専業として米作・畑作を営んでおり、忠夫さんの代になり梨園も経営する傍ら、我孫子市青壮年農業会議の一員として活動され、日々農業経営の推進に努力されておられます。増田農園のホームページはこちら

 

我孫子市も年々農業後継者が少なくなり、増田宅も後継者探しについては苦労されているようです。

 

農業の傍ら時間を作り、パソコンやハム(アマチュア無線)等にも幅広く仲間がおられるようです。特にハムでは国内はもとより、アメリカの友人もでき、毎年家族や仲間の人たちと交流を深める為にアメリカへ行かれているそうです。

 

 

 

冬の剪定作業

平成20年1月10日より今年の収穫に向けての作業の始まりが剪定作業です。

切る枝を見極めながらの作業は、経験を必要とします。この作業は、2月下旬まで続きます。

 

 

下の写真の「わら」は、当農園では土壌の保温による早期収穫と肥料を兼ねるため、「わら」を敷き詰めます。  

米の収穫時に使うコンバインで、細かく粉砕して田の肥料としますが、梨園の為にあえて細かく粉砕せず下の状況のように残しておきます。

収穫までは、なにかと手間がかかる作業が、たくさんあるようです。

 

 

 

 

暑い中 梨の収穫に大忙し

梨の収穫時期を迎え、朝の6時にはもぎ取り作業を始め、それが終わると出荷の作業があり、お盆中でも収穫・販売に毎日忙しく仕事をされております。

この仕事は9月上旬まで休みなく続きます。

 

増田さんのこだわりは、早くに実を摘み取らず、よく熟し、甘みが強くなるまで待ってから収穫する事だそうです。

一度ご賞味あれ、本当に甘くておいしいんですよ!!

 

今植えたきゅうりの収穫は9月中旬には出荷できるそうです。

 

 

梨の仕事が終了すると、稲刈りが始まります。

 

 

 

【購入にあたって】

現在、販売は終了しております。

梨農園での収穫の様子

この梨農園は幸水を作っています

箱詰め作業、ご夫妻とご近所の奥様やお嬢さん、お孫さんもお手伝い

手前ビニールハウスはきゅうりの栽培で、奥が幸水の果樹園です

植え付けした苗を、暑さの為手入れされています


Copyright(C) 2003 Kyoritsu co.,Ltd All Right Reserved.